スポンサードリンク




<お知らせです>
がんになった事でがんに関する情報をこの2年間かなり調べました。
ある程度の情報がひとつのページでわかるといいと思い、
がんについての情報を掲載したホームページを開設致しました。
がん情報ナビ
まだまだ、内容は充実しておりませんが随時更新予定ですので
是非、覗いてみてください。


デメリット(副作用)

放射線治療のデメリット(副作用)

放射線治療では一時的に以下の副作用が起こる可能性があります。

・やけどににた症状
  照射される臓器にやけどのようなことがおこる可能性があり
  ます。

・皮膚炎
  放射線はまず皮膚を通ります、個人差はありますが皮膚炎は
  必ず出現します。
  皮膚は日焼けのように赤くなったり、黒っぽくなったり、
  時にはただれることがあります。

・脱毛
  毛がある部位では脱毛が見られます。
  照射した形の通りに脱毛します。
  頭部は特に女性の場合はつらいかもしれません。

・飲食に支障をもたらす可能性
  口の領域の放射線治療では、口の粘膜が焼けて痛くなり、
  飲食に支障を来すことがあります
  さらに唾液が出にくくなったり、味がわかりにくくなったり
  してますます食餌をとることが苦痛になってしまうことが
  あります。
  のどや食道の粘膜への照射でも同じように飲み込む時の疼痛
  をひきおこすこともあります。

・下痢や頻尿、排尿痛
  腸や膀胱の粘膜の場合は、下痢や頻尿、排尿痛というかたちで
  現れる場合があります。

・その他
  また照射部位にかかわらず、だるいとか、何となく食欲がないと
  いったようなことも出現します。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。