スポンサードリンク




<お知らせです>
がんになった事でがんに関する情報をこの2年間かなり調べました。
ある程度の情報がひとつのページでわかるといいと思い、
がんについての情報を掲載したホームページを開設致しました。
がん情報ナビ
まだまだ、内容は充実しておりませんが随時更新予定ですので
是非、覗いてみてください。


胃がん

胃がんの放射線治療

胃がんに放射線治療は有効ですが,効果は手術ほど確実では
ありません。
手術ができないような胃がんや,手術をしても再発した胃がんの,
痛みを取り除いたり,狭くなったところを広げる目的で行われて
います。

一般的な放射線療法は,週に4〜5日,1日1回照射を4〜5週間
続けて行います。
主な副作用は,放射線により胃粘膜が荒れて胃炎や胃潰瘍の
ようになり,食欲低下や吐気が出ることです。
こうした放射線療法中の副作用は,治療後1〜2週間で治ります。
手術中に再発しやすい場所に1回だけ放射線照射することや
抗がん剤と同時に放射線療法を加えて効果を高くしようとする
試みもあります。





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。